所在地:鎌ケ谷市東初富2-6-50(新京成線初富駅 徒歩15分、東武野田線鎌ケ谷駅 徒歩20分。Googleマップ)/ 電話番号:047-443-2093

このページの目次

保育目標

安定した生活リズムで過ごせる子ども

睡眠、排泄、食事のリズムが整うと、子どもの気持ちが安定し、たくさん遊べる子になり、意欲も育ちます。子ども達が、健康的に生活できるための基礎を家庭と保育園で協力して整えていきます。

優しい気持ちを持った子ども

子ども自身が、かわいがられていると実感している子は、人に対する優しい気持ちが育ちます。周囲の大人は子どものありのままの姿を受け止め、思いやりと優しさを持って、ひとり一人に添った援助をしていきます。

十分に遊べる子ども

いろいろ体験を積んだ子どもは、思いやイメージを膨らませ遊ぶことができ、また、子ども同士の遊びへと広がります。本物に触れたり、行事、季節感を大切にし、子どもの創造性を刺激する環境作りをしていきます。

自分の気持ちをコントロールできる子ども

大人との信頼関係ができ、気持ちが安定している子どもは、年齢なりのがまんができます。思いを伝え、やり取りの中で互いに認め合い、社会性が育ちます。子どもの気持ちを汲み取り、表現してあげることで、自分で気持ちの整理ができるようにしていきます。

受け入れ対象年齢・定員

  • 対象:生後3か月〜就学前
  • 定員:200名

 

保育時間

通常保育

  • 月〜金:午前8時30分~午後4時30分
  • 土:午前8時30分~午後12時

延長保育

  • 月〜金:午前7時~午前8時30分・午後4時30分~午後7時
  • 土:午前7時~午前8時30分・午後12時~午後7時

給食

  • 栄養士がたてた献立を調理師が園で作ります。心をこめた温かくおいしい給食です。
  • アレルギーの除去食も実施しています。
  • 月~金曜日まで完全給食です。

保健衛生

保健師や看護師が日々お子さんの健康管理や衛生指導を行っています(内科健診、歯科健診、身体測定、フッ化洗口、歯みがき指導)。

保育園の一日

0歳〜2歳児の場合

午前7時 延長保育・順次登園・元気かなチェック
午前8時30分 担任に引継ぎ・おやつ(牛乳)・あそび(室内や戸外でいろいろな遊びをします)
午前10時45分 食事
午後12時 お昼寝
午後13時 めざめ
午後3時 おやつ・あそび
午後4時15分 延長保育へ引継ぎ・順次降園
午後4時30分 延長保育
午後7時 延長保育終了

3歳〜5歳児の場合

午前7時 延長保育・順次登園・元気かなチェック
午前8時30分 担任に引継ぎ・あそび(戸外での体を使った集団遊びや散歩、室内では製作やごっこ遊び、静的な遊びをします。)
午前11時30分 食事・歯磨き
午後13時 お昼寝
午後2時45分 めざめ
午後3時 おやつ・あそび
午後4時15分 延長保育へ引継ぎ・順次降園
午後4時30分 延長保育
午後7時 延長保育終了

年間行事

  • 春:入園進級のつどい、新年懇談会、こどもの日のつどい、徒歩遠足、さつまいもの苗植え
  • 夏:プール開き、七夕まつり、夏まつり
  • 秋:お月見会、運動会、遠足、芋掘り・焼き芋、七五三
  • 冬:生活発表会、クリスマス会、餅つき、お正月遊び、節分、ひな祭り、お別れ遠足、お別れ会、卒園式

※上記の他にもたくさんの行事を予定しています。詳しくは保育園にお問い合わせ頂くか、保育園の子育て情報誌をご覧ください。

地域の子育て支援

地域のお子さんのために、以下の活動を行っています。

園庭開放

園庭にあるすべり台、お砂場・・・などで遊べます。そして同じ年齢のお友達もいっぱい。保育士や保健師もいるので、遊びに来ながら子育ての疑問も解消しませんか?手作り遊具がたくさんある楽しい園庭です。

  • 実施時間:月曜日~金曜日 午前9時30分~午後12時

子育て相談事業

保育園は地域の子育てを応援しています。大勢の子ども達に接している保育士や保健師が不安や悩みをお受けします。電話での相談も出来ます。

  • 実施時間:午前9時30分~午後4時
  • 電話番号:047-443-2073

スマイルデー

かんたんな制作をしたり、園児や保育士と一緒に遊びましょう。
申し込みは必要ありません。

  • 日時:4、8、3月を除く毎月第2火曜日 午前10時15分~11時15分(雨天中止)
  • 対象:乳幼児とその親

りんごっこ交流(中央児童センター交流)

保育園の1、2歳児と中央児童センターを利用している親子で一緒に遊びます。同年代の子と体操や手遊びをして、元気に遊びながら交流をしています。

一時預かり「梨の子ルーム」

仕事や急病、家族の介護、冠婚葬祭などの用事で、一時的に子どもを家庭でみることが困難になった場合などに利用できます。

また、美容院に行きたい、買い物に行きたいなどパパママのリフレッシュとしても利用できます。事前に面接し、登録が必要となります。くわしくは一時預かりのページをご覧ください。

保育園一時預かり

地域子育て情報誌「スマイル」

親子で参加できる園行事の紹介等を掲載しています。年2回発行しています。

「スマイル」(2017年11月発行)PDF(449KB)