logo_kmgy_v

子育て支援コーディネーターは、皆さんのお話をうかがい、子育て支援サービスの提案や、必要に応じて専門的な相談窓口のご案内をいたします。行政サービスだけでなく、より身近な地域や民間の情報も提供していきます。

ママだからわかる、寄り添ったサポートをさせていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

*問い合わせ先*

鎌ケ谷市役所 こども支援課

毎週火曜日・木曜日 午前10時~午後3時

電話: 047-445-1609 /メール: kosodatesc@city.kamagaya.chiba.jp

※児童センターなどに出張するため、窓口にいない場合もありますので、事前に電話もしくはメールで予約することをおすすめします。

【イベント報告】保育あり!ハンドリフレ講座

東部学習センターでの保育付きイベントが終了しました。

キャンセルはありましたが、9組の親子が参加してくださいました。

しかも、今回は保育付きイベント!!

 

初めて預けるんです~というママたちもいて、ドキドキしながら講座へ。

 

・・・子供たちの泣き声が保育部屋から聞こえてきました(笑)

最初は大丈夫かなー?とちょっと心配していたママたちも、気付けばハンドケアに夢中。

キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ

 

角質チェックやスキンケア実験などでは、「おー!」「知らなかった!」などとてもいい反応が!

保育ありのイベントだと、子供がいないため話に集中できるのですね。

 

東部

ハンドリフレのレクチャータイムでは、至福の時間。

 

「手が暖かくて気持ちいい~」

初めましてのママたちもいましたが、手を使って触れ合うことでグッとお近づきになれますね。

 

エステティシャンとして、リフレクソロジーをしていると、しているほうも気持ちがよくなってくるのです。不思議ですね。

もちろん、「気持ちよかった~ありがとう!」と言われると嬉しいし、お互いにリラックスできる時間でした(*^_^*)

 

 

講座で終わりではなく、このハンドリフレをパパにレクチャーして、やってもらいましょう!

「パパの手は私より大きくて気持ちいい!上手だね!向いてるよ!」

と褒めてあげましょう!

きっとたくさんやってくれるはず( ̄ー+ ̄)キラリ

 

みっくより☆

 

ということで、ここでバトンタッチ!

保育チームのちゑちゃんへ。

 

今回は月齢が小さいお子さんが多かったので、私も保育を担当させていただきました!!

 

講座前に早めに集まってくれた皆さん、お母さんと一緒にいる中ではお子さん達もリラックス。私が抱っこしてもニコニコしていたのに、お母さんの姿が見えなくなると大合唱!!(やっぱりそうですよね。。。)

 

子供たちが落ち着いたら講座も見に行こう♪と思っていましたが、そんな余裕もなく、保育担当の先生方とひたすら抱っこ(;´Д`)

 

様子を見に来たこども支援課職員も急遽保育に加わり、にぎやかな時間を過ごしました(笑)

こども支援課の職員の中にはお子さんがいる方が多くいます。パパママの気持ちがわかる方が大勢いるので、心強いですね!!

 

最後はママトーク

30分ちょっと離れていたお子さんと一緒になってから。

地域情報を交換したり、先輩ママに質問したり。

いただいた「発信してほしい情報」についても徐々にブログにて報告していきますね♪

 

これからも、このような場を設けながら、少しでもママのリフレッシュ、そして一時保育をしてみよう!などママたちの挑戦を応援できたら嬉しいです。

 

ちゑ