logo_kmgy_v

子育て支援コーディネーターは、皆さんのお話をうかがい、子育て支援サービスの提案や、必要に応じて専門的な相談窓口のご案内をいたします。行政サービスだけでなく、より身近な地域や民間の情報も提供していきます。

ママだからわかる、寄り添ったサポートをさせていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

*問い合わせ先*

鎌ケ谷市役所 こども支援課

毎週火曜日・木曜日 午前10時~午後3時

電話: 047-445-1609 /メール: kosodatesc@city.kamagaya.chiba.jp

※児童センターなどに出張するため、窓口にいない場合もありますので、事前に電話もしくはメールで予約することをおすすめします。

自力整体ってなに?

粟野コミュニティセンターで定期的に開催されている

「自力整体」

ポスターを見かけ、自力整体ってなに?難しいの?と以前から気になってはいましたが、なかなか参加するまでには至らず(笑)

ママたちから体を動かせるサークルを教えてほしい!との声も聞いたので、思い切って体験してきました!

 

 

自力整体をするにあたり...

・自力整体は空腹で行いましょう

・実技中は話はせず、静かに行いましょう

・メガネやコンタクトレンズ、アクセサリーははずしましょう

 

などの注意事項があり、果たして私たちに受けられるのであろうか?とドキドキしながら向かいました。

 

迎えられた和室は落ち着く空間で、一気に緊張感から解放されました。

先生の雰囲気もとても優しく、癒されます。

教室の案内には「携帯の電源をオフに」との記載もありましたが、伺ってみると集中して行うためであって、絶対なわけではないですよと。お子さんの連絡がくることもありますものねと。

先生もお子さんがお二人いるとのことで、お母さん気持ちをよくわかってくれてる!!

 

今月のテーマは

『エイジングを楽しむ』

 

自力整体ナビゲーターの高野先生

 

先生の手書きの通信をみながら、今日行う内容の説明がありました。

ほぐしていく骨と筋肉の説明。

 

自力整体では布を用いて自分でほぐしていくことができるんです。

この布がまたとても素敵で、先生のオリジナルで特注品だそうですよ♪

 

自力整体では大きく息を吐く時、ため息をつくのだそう。

ため息というと私はマイナスなイメージを持っていましたが、「はー」と思い切り吐き出すとすっきりしました!!

 

今回は眼筋といって眼の周りの筋肉から動かしましたよ。

これまで意識したことのない動きだったので、新鮮。

少し痛く感じる動きもありましたが、自分自身に合わせて行え、ゆったりとリラックスしながら行えました。

 

途中目をつぶると、聞こえてくる虫の鳴き声、畳のにおいや風が本当に心地よい空間でした。

先生の声もとても穏やかで癒されます。

先生を「ナビゲーター」と呼ぶ理由がよくわかります。

体を自分でメンテナンスできるように導いてくれる。

 

激しい運動やポーズがあるわけではありませんが、じわじわと効きそうな自力整体。

 

なかなか自分の時間をとれない小さいお子さんをもつお母さんこそ、セルフメンテナンスを伝えたいという先生。

子連れでも参加できる「子連れ自力整体」を月1回予定しているとのことです。

次回の開催は10月12日(木)

初めて参加される方限定のクーポン付きのチラシも何枚かいただきましたよ!!

気になる方は、コーディネーターの部屋等でお声がけくださいね。

 

また、自力整体は妊婦さんも参加できるそうですよ。運動したいけどなかなかできないという方も多いのでは、ないでしょうか?まずは問い合わせをしてみてくださいね。

 

自力整体ナビゲーター高野先生のHPはこちらから→★