子育て支援コーディネーターは、皆さんのお話をうかがい、子育て支援サービスの提案や、必要に応じて専門的な相談窓口のご案内をいたします。行政サービスだけでなく、より身近な地域や民間の情報も提供していきます。

ママだからわかる、寄り添ったサポートをさせていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。


  • 問い合わせ先:鎌ケ谷市役所 こども支援課
  • 受付時間:毎週火曜日・木曜日 午前10時~午後3時
  • 電話:047-445-1609 / メール:kosodatesc@city.kamagaya.chiba.jp

※児童センターなどに出張するため、窓口にいない場合もありますので、事前に電話もしくはメールで予約することをおすすめします。

こども落語ワークショップ

きらりホールで開催された

『こども落語ワークショップ』

に行ってきました♪

ホールに入ると見えてきたのはとっても立派な高座!!

え?ここでやるの?と子ども達はざわざわドキドキ、保護者の私はなんて素敵な舞台なの!!と大興奮でした☻

この日は午後に落語の公演があったので、実際に使用するステージを子ども達にも用意してくれたそうです。感激!

まずは、講師の方の自己紹介と参加者のお子さん達の自己紹介がありました。

小学校低学年のお子さんでも落語が好き!好きな落語家がいる!!というお子さんもいて、感心させられっぱなしでした。

先生方のお手本を見せていただいたり、落語の基本を教わったりと子ども達はもちろん、私も知らないことばかりで楽しみながら学ぶことができました!

そしていよいよ台本をもらい、小噺の練習を。

短い時間でしたが、子どもはすぐ覚えられるものですね!

落語と言えばコレ!という音楽と伴に舞台袖から登場します。

舞台上に立つのは緊張しちゃうと言っていましたが、終わってしまうとあっという間であったようでもう一度やりたい!!との感想が。落語は難しそうと参加しなかった妹もやってみればよかったと羨ましそうでした。

最後は色紙やオリジナル手ぬぐいのスペシャルプレゼントも!!

手ぬぐいは広げてみると、水玉模様がかわいいお洒落な手ぬぐい♪

 

今回このような貴重な体験ができたことはお子さん達にとても素敵な経験になったのではないでしょうか?うちの子はなんと落語の習い事をしたいとまで言っていますよ\(◎o◎)/!

 

午後からの先生方の公演にはワークショップに参加されたお子さん達も見に来ていました。

実は私も落語を見るのは初めてだったので、自分自身も楽しめるか心配していましたが、ワークショップで習った落語の基本を思い出し、子ども達と相槌をしながら見る落語はとっても楽しいものでした。

 

 

きらりホールではこれまでオペラや劇、落語、また職業体験などの子ども向けワークショップを開催しています。一見子どもには難しいのかな?と思われそうなものも素敵な体験になるかもしれませんね。今後もお子様が参加できるイベントは開催を予定しているという事でしたので、気になる方は是非きらりホールHPを定期的にチェックしてくださいね♪

きらりホールHP